オペラ歌手 ソプラノ 飯田みち代後援会へようこそ!

アクセスカウンタ

zoom RSS 飯田みち代リサイタル レポート

<<   作成日時 : 2017/07/06 15:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

飯田みち代リサイタルが終わり1週間程たちました。
芸術を愛し、飯田さんの歌を愛する方々が沢山集まった会でしたね。いかがでしたでしょうか?
つたない文章ですが当日の様子を書いてみたいと思います!


2017年6月27日(火) 19時開演 
電気文化会館 ザ・コンサートホール

<脚本> 飯田みち代

<うた>
飯田みち代 

横井恵子 「アイナダマール」三重唱 ロルカ役・ 竹尾圭代「アイナダマール」三重唱 ヌリア役

<ピアノ > 佐藤和子

<語り>  村井都

<照明>  古川博(コンサートデザイン ホタルギグ)

<デザイン> 飯田みち代

<ヘアデザイン> 衛藤衛(Hair Design ETOH)

<スペイン語訳>服部洋一(琉球大学教授)

<振付> 小西雅司(小西雅司ダンススタジオ)

<協力>木野瀬吉孝(木野瀬印刷株式会社)


♪開演前の一コマ
お送りいただいた花々、お一つお一つ感謝しながら写真を撮っていきます
こちらは合唱団CORMI様と飯田みち代門下生の方々からの色とりどり美しいお花
ロビーは素敵な香りで包まれておりました 第1部の衣装で。
画像



♪当日の曲目
来て頂いた方はお分かりになると思いますが、今回の公演はスペイン歌曲の演奏会というより、友人である堀越氏へ思いを込めた追悼コンサート。出会いから堀越氏が旅立つまでの交流を物語にした音楽ドキュメンタリーでした。
画像



♪当日のプログラム 表紙
堀越氏が描いたスケッチ
「飯田みち代のスケッチ2014年12月14日東京にて」
画像



♪プログラムをめくると
物語と歌の訳詞がのっています。今回のプログラムは印刷屋さんにお願いして作ってもらった飯田さん力作なんです!スペイン語の歌というのは難しく、資料も多くはないので、声楽を勉強している方が、今後スペイン歌曲に挑戦しようと思ったときに、今回のプログラムが辞典がわりになるといいなという願いを込めて、しっかりとしたものを作成したと言っておられました。
2014年日生劇場の「アイナダマール」で主役マルガリータ・シルグを演じた飯田さんですが、少しはスペイン語を話せるレベルだったのでしょうけど、大舞台で演じるためには相当な苦労と努力をしたのではないでしょうか。ご自分が苦労して勉強したことを、ご自分の中にだけしまっておくことなく、これからの芸術家の為に惜しみなく伝えていく心を感じます。
画像



♪巻末にはイスラエル旅行記
クラシック音楽がお好きな方や勉強をされている方は、宗教について(特にキリスト)必ず学ぶのではないでしょうか?なかなか気軽に行ける国ではありませんが、エルサレム、ベツレヘム..よく歌の中に出てきますね。
これを書いている事務局員はパイプオルガン弾きの仏教徒(滝汗)ですが、オルガン学習者はバッハが教会暦にそって作った曲集を必ず勉強します。ある程度の知識がないと曲のイメージができなかったり、仔羊が出てくると、ラムと書いてあるものですから美味しそうなイメージをしたものです(恥)お馬鹿な話をすみません。。。
是非、皆様にもイスラエル旅行記をお楽しみ頂きたいです。
イスラエル紀行

飯田さんもイスラエルに行ってみたいという夢があり、昨年願いが叶いました。
平和と友好の為に嵯峨野の大覚寺大僧正である斑目さんが、プラネタリウム・瞑想センターをイスラエルのネタニア市に寄贈し、ご縁を頂き杮落しのセレモニーでイスラエル国歌や宇宙にちなんだ曲を飯田さんが歌いました。世界の平和を願う思い、「宇宙から見れば、地球は1つの星だと思いを馳せてほしい」という思いで寄贈されたお話を聞き、宇宙レベルで物事を見られる人になれたらいいなと思いました。大きな宇宙からみたら、ちっぽけな人間。不安に思っていることや悩んでいることって、それほど大きな問題ではなかったりするのかなという気持ちになります。
物語ではイスラエルで平和について願っていた時に、飯田さんの元へ堀越氏からメールが届きます。偶然にも平和へのメッセージが週刊誌に掲載されたので見て欲しいと。そこには若者たちへの熱い魂の叫びがありました。
画像



♪感動の中、コンサートは終わりました
出演者全員のお写真
画像



♪終演後のお写真
アイナダマールの三重唱の皆さんで!
スペインの伝統的な頭の飾りなんだそうです。
画像



♪終演後のサイン会
全ての演奏が終わり拍手も終わった頃、「只今よりサイン会を開催します〜」とアナウンスが流れ、ザワつきましたね(笑)えっ!嘘でしょ!、どうするどうする並ぶ?えっえっ!?本当に〜?という感じでしたでしょうか?
飯田さんの地元名古屋での公演ですので、お知り合いの方や生徒さんも沢山いらしてくださり、もちろんファンの方も!サインしてお写真を一緒に撮りおしゃべりを楽しみました。
画像



♪おまけ
フラメンコのリズムを手で打つ演出がありましたが、カスタネットにしようか迷ったそうで、そのお話を聞かせて頂いた時にカスタネット奏者ルセロ・テナさんの存在を教えて頂きました。
カスタネットってカッコいいですね.....
2015年ベルリン・フィルでの演奏 
この指揮者は!



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

CD情報

飯田みち代リサイタル レポート オペラ歌手 ソプラノ 飯田みち代後援会へようこそ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる